20日東京ドームでプロ野球オールスター第1戦が行われ、

セントラル対パシフィックはセントラルが

中継ぎ&抑え9人のリレーでパシフィックを

完封し4対0で勝利した。

試合はセントラル上原投手、

パシフィックダルビッシュで始まり、

6回まで両チームとも無得点が続いたが、

7回にセントラルが5番に入った

ラミレスの2ランで先制すると、

代打前田選手のホームランで追加点を上げて、

8回には代打森野選手のホームランで試合を決めた。

セントラルは上原、高津、林、木塚、岩瀬、黒田、

久保田、クルーン、藤川投手の史上初の9人リレーで

パシフィックを1安打に抑えた。

MVPは7回に決勝ホームランを打ったラミレスに決まった。
最初はセントラルの先発が今季抑えをやっている

上原投手という事でどうして?と疑問視したが、

ふたを開けると何と黒田投手以外は

全て中継ぎ&抑え投手が登板した。

これなら上原投手ではなくても

先発は良かった訳なんだけれど、

実績という点で上原投手を先発に指名した

落合監督の打った手が見事に決まった試合だった。

確かにMLBではどう長くても2イニングしか投げないし、

9人選んでも岡島投手のように

投げれない投手も出てくる可能性がある。

日本では史上初めてだったが、

先発完投重視の日本において落合監督は

中継ぎにもクローズアップしてほしいという

狙いもあったものと観る。

私もWBCで書いたけれど、

短いイニングで良い投手を攻略する事は

かなり困難な事だ。

普段から1イニング抑えるのが当然と言われる

セットアッパーとストッパーが

1イニングづつ出てきたら

対戦する側は殆ど糸口のないまま対戦が終わってしまう。

明日は残った投手が投げる事になるが

明日は逆に3イニング投げる投手が出てくるかもしれない。

新しい発想とまでは言わないがオールスターとしては

斬新な9人リレーだった。

明日はどんな試合が観れるのか楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。