18日ドラマ「ホタルノヒカリ」第2話を視聴した。

今回は恋をしてしまった蛍が片思いを募らせて

腰を抜かしてしまうエピソードが描かれていた。
ストーリー

5年ぶりの恋におちてしまった干物女の蛍だが、

マコトからのメールに気のきいた返信も出来ない。

せめてもと、デザインで煮詰まっている

マコトのために徹夜で資料を作る蛍。

しかしメールも打てない干物女が

資料を手渡せるわけもない・・・。

なんとか部長のアドバイスでメールを打ったところ、

直接資料を取りに来るという。

折りしも台風が近づく中、

マコトまでが蛍と部長の暮らす家に接近中!!

絶対ヒミツの同居生活がバレてしまうのか!?

以上日テレホタルノヒカリHPより


今回はキスされて恋に落ちた干物女の蛍が

片思いを募らせていく。

仕事とプライベートが違い過ぎると

そのギャップに大きな戸惑いを覚えてしまうものだ。

ただ同居している高野とは平然としていられるのだから

干物女のわからない部分もある。

ただ気の合う人や相性の良い相手だと

平然と自分をさらけだせるものでもある。

そんな蛍がマコトの仕事の力になろうと

自らリサーチした資料を自宅へ帰ってからも作り続ける。

家では仕事をしない蛍も恋の力の前には

家でも仕事をするようになる。

台風が接近しているにも関わらず雨戸の対策すら

万全にしない蛍がマコトのためにならできてしまう。

そんな中蛍は作った資料をマコトに渡せない。

まあそれはそうだよね。

気のある相手に対して面等向かって渡せないし、

話せないものなんだよね。

私もそういう人に対しては避ける傾向が

あるから蛍の気持ちはわからない訳じゃない。

渡せなかった資料を渡せと高野が言うと

蛍は一念発起してマコトにメールを送る。

そしてそこで蛍にはまさかまさかの返事が・・・

何とマコトが蛍の家へ来るという事を

メールで知らせていたのだった。

これに驚いた蛍は気が動転して腰を抜かしてしまう。

そして蛍は散らかった家を掃除し始めるが・・・

結局勇気が出ず、蛍は高野に資料を渡して

居留守を決め込んだ。

資料は高野の手によりマコトに渡り、

マコトはいいアイディアが生まれていいデザインを

完成させる事ができた。

踏み切れなかった蛍は高野に

絶対!絶対!絶対!!!!!無理!!!!!

と言われてしまい。

ここで蛍はカチンと来て私だって・・・

とメールを送ってしまったのでした。

これ以降は次回という事だけれど、

やっぱり気になる相手になると会う事も

返事する事も大きな壁なんですよね。

私も実際そうなんですけれど、

人には見えない断崖絶壁の壁が蛍の前にある訳で、

それを越えるのは蛍にとっては怖いものを

みるようなものでもある。

何が怖いかって?

蛍にとっては多分以前の恋で相当辛い苦しい思いを

したからなのだと思う。

壁がある事は何かがあるから壁がある訳で、

それを乗り越えるのは相当な難関である。

そして蛍は取り返しのつかない返事をしてしまい

どうなる干物女!

気持ちがわかるだけに、

次回の蛍はマコトに対してどんな返事を言うのか?

そして優華は蛍に対してどう嫉妬するのか?

次回の展開を楽しみにしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (2)