15日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

2対4で巨人は原監督の血迷った采配で

広島に勝利をプレゼントした。

試合は巨人先発尚成投手、

広島先発長谷川投手の投げ合いで始まり、

初回に広島が3番栗原選手のホームランで先制するが、

巨人は3回に1番谷選手の2ランで逆転に成功する。

しかし広島も7回に6番広瀬選手のホームランで

同点に追いつく。

巨人は7回に1死満塁の絶好のチャンスで

5番二岡選手を迎えたが原監督が何を思ったか

誰も予想できない代打小関選手を起用し、

小関選手は空振り三振、6番ホリンズは投ゴロに倒れ

絶好の機会を理解不能采配で潰した巨人は

9回に豊田投手が捕まり、林投手が打たれて2失点した。

9回に反撃のチャンスがあったものの、

5番まで回ったチャンスも本来二岡選手が立ったはずの

打順に代打矢野選手を送り、凡退して終わった。

これで巨人は3カード連続負け越しとなり

原監督の責任問題が集中する事だけは避けれなくなった。
ここまで説明できない采配をされると

理由を考える前に監督としての技量のなさを

問わないといけないだろう。

もし私がこの采配について野球に詳しくない人に

説明を求められたら説明する事ができない。

普通に考えても二岡選手以上の選手がベンチにいないし、

何よりチームの中心であり内野の中心である

二岡選手に代打を送るなんてそのものが愚か過ぎる。

そうでなくても満塁ホームランは多く打っている選手だし、

サヨナラホームランだって多く打っている。

私には二岡選手は不思議な人と称しているものの、

普通に考えてもこの絶好機に代打を送るなんて

選択は間違ってもしない。

例え併殺打に倒れたとしても

他に最適な策はスクイズ以外ない訳で、

代打を送るなんて選択はないからだ。

仮にこれがベテラン投手で過去の対戦において

散々打ち込まれている代打の切り札が

控えているならまだ納得できるが、

今季初一軍の小関選手で相手はルーキーの宮崎投手という

ビックネームぐらいしか知らない投手に対して

これほど楽にしてしまう采配は愚かというしかないだろう。

もしこの打順で二岡選手以上の代打を送るなら

由伸選手しかいないがベンチ外だった。

要するにこのケースでどうしても代打を送るなら

相手がベテラン投手で過去散々打ち込んでいる

代打の切り札か、

二岡選手以上の実績と成績を残している

選手以外では怪我でない限り絶対代打を送ってはならない。

そうじゃないてもこの采配ではチームに

不信感と選手との関係が悪化するだけでしかない。

しかし原監督のコメントには呆れる

「点を取るための確率を考えた。

小関の状態がいいと聞いていたし、

経験もある」?


チョット待て!

二岡選手も十分経験ありますが?

過去原監督はまだ2年目だった松井選手が

広島戦で左の大野投手の時に代打原と長嶋終身監督が

代打を送った事があったのを覚えているが、

これならそのコメントもわかる。

しかし二岡と小関は同じ年齢であり

プロ入りが早いか遅いだけの話で

キャリアは小関選手が新人王を取ったのが98年で

二岡選手がデビューしたのが99年で全く変わらない。

確率?

一体何の確率なのか解らんが、

ルーキーに対して確率を求めるのはどうなのか?

これがベテラン相手ならともかく、

ルーキーには確率よりネームで攻めるのがセオリー!

ルーキー宮崎投手も

「二岡さんなら“やばい”と思ったんですが…」


とコメントしているように新人にとっては

名前の方が精神的にもプレッシャーが強い。

しかも代打が小関選手というアベレージヒッターだが

ここ数年ベース踏み外しの戦犯で

自己主張すらできない選手を出された時には

相手投手を楽にさせるだけだった。

ご自身の経験を全く活かせず

ただ起用されて代打で打席に立っただけの方だった事が

これで良く解った。

代打を送られた時の気持ちを解ると思ったが

既にお忘れなさったみたいだ。

このように経験を糧にできない監督を

このまま続投させる事が本当に良いのか?

と問わなければならない

今回の采配は原監督の監督の器量をハッキリさせる

ターニングポイントになった。

プレーオフを逃した場合は間違いなく

解任の方向間違いなしだ。

少なくても若手を使って負けた訳じゃない以上

いい訳は一切許されない。

1度逃げ出した腰抜け指揮官の勉強の成果が

これでは失望しか覚えないだろう。

この試合は選手を責めるのは完全なおかと違い。

選手を責める前に本当の敗戦の理由を考えるべきだ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは


Gファイル―長嶋茂雄と黒衣の参謀


巨人軍タブー事件史


ジャイアンツ栄光の70年―感動の記憶が今、蘇る。


巨人軍に葬られた男たち