13日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

3対0で巨人が小笠原選手の2ランで連敗を6で止めた。

試合は巨人先発金刃投手、

広島先発大竹投手の投げ合いで始まり、

2回に7番亀井選手のホームランで先制すると、

4回には3番小笠原選手の2ランで追加点を上げた。

投げては先発金刃投手が広島打線を8回途中無失点に抑えて、

最後は抑えの上原投手が締めて連敗を止めた。

巨人は首位陥落のピンチを何とか凌いだ。
打線が大幅に変わった6連敗で、

最後は投手陣がそのピンチを救った格好だ。

投手陣は打ち込まれた時期が集中してしまった事もあり、

最近は自信を失いかけていたが、

ルーキー金刃投手が勢いでその流れを止めた。

連敗中は色々戦犯探しばかりにいってしまい

本当の原因を見失っていただけに、

これで完全に止まったと考えるにはまだ早い。

最小失点をして負ける時は大きな問題はないが、

大量失点を再びするようなら

原監督の怒り任せの采配が発病しかねないだけに、

これが継続できるかが明日以降の課題となるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。