11日スタートのドラマ「ホタルノヒカリ」を視聴した。

このドラマは恋愛を放棄して仕事は確りするが、

家ではゴロゴロ寝てビールを飲む生活をする干物女だった。

その干物女が恋をしたからさあ大変!

さらに上司と同居でどうなる干物女!
恋愛を放棄する事がそんなに軽蔑されるのか?

と思うんだけれど、

私的にはこういう女性結構タイプですけれど、

確かに仕事もテキパキこなして

さらに私生活までバリバリだと個人的には

行きぬく暇ないなあ・・・

これだけ大胆で大雑把な人の方が気を遣わなくて良い。

ちなみに私も正直恋愛は当分放棄という感じで、

今の自由な生活をしていた方が自分らしいと思っているので

ある意味干物男と言われてもそれが何か?という感じだ。

さてそんな干物女の恋の行方は

ホタルノヒカリのように儚いのか?

仕事では素敵にテキパキこなすが、

オフでは家でゴロゴロ寝て

ビールを飲むのが日課の雨宮蛍演じる綾瀬はるか

蛍の会社の上司で、実は蛍の住んでいる家が実家、

ある理由で実家に戻り蛍と同居生活をする事になった

高野誠一演じる藤木直人

蛍の同僚で先輩の三枝優華演じる国仲涼子

蛍の部署に戻ってきたイケメンで蛍の唇を奪い

蛍が再び恋に落ちるキッカケになる

手嶋マコト演じる加藤和樹

蛍の同僚神宮司要演じる武田真治

蛍の上司で良き姉さんで頼れる山田早智子演じる板谷由夏

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

一見フツーのOL、SWビルドコーポレーションインテリア事業部

雨宮 蛍(24)。 しかして、その実態は・・・

「恋愛するより家で寝てたい」!

家でダラダラ過ごすのが大好きな怠け者。

仕事して、生活して、

恋愛するって結構タイヘン!とラブを引退している

「干物女」だったのです。

そんな彼女の日常にパタパタと異変が!

近所の居酒屋で知り合ったおっちゃんに

格安で借りた一軒家に住んでいる蛍。

その家で干物ライフを満喫していたところに引越してきたのは

なんと会社の上司、高野部長(37)!

会社ではイケてると評判の部長は、おっちゃんの息子で、

奥さんと暮らしていたはずが蛍の大家&同居人として

生活をともにすることに・・・。

ナマケモノの蛍に対し生活面では

異様にキッチリしている部長と、

ケンケンガクガクしながらも会社に

ヒミツの同居生活が始まってしまったのです。

そんな、生活に異変が起こった頃、

なんと干物女に久しぶりのラブ到来!

お相手は、インテリア事業部にやってきた

才能ある若きイケメンデザイナー・手嶋マコト(23)。

しばらくご無沙汰のラブに、

恋愛ってどうやるんだったっけ??レベルの蛍。

でも、干物女が恋をした。

干物女は、忘れていた恋心を取り戻すことはできるのか!?

以上日テレホタルノヒカリHPより


恋愛を放棄して合コンにも参加しない

素敵な女性というのは表の顔で、

オフはグウタラ寝てビールを飲んでいる怠け者、

でもこういう女性の方が一緒に暮らす上では

気を使わなくて良いのでは?と思うんだけれど、

私ならこういう感じの女性良いけれどね。

独り言を良く喋るけれど、

私自身も独り言が多いから別に気になる事じゃない。

よっこらしょい何ていうのは

私的にはある意味共感しちゃうんだけれど、

それだけ似た感じをする蛍の生活ぶりには

ウンウンとうなづいた。

でもいざ仕事になるとテキパキと仕事を

こなす素敵な女性になるのだから

ある意味こういうギャップを知ると

目を丸くしてしまうのは無理がないと思う。

そんな干物生活に突然会社の上司が借りていた

貸家が実家だったというからさあ大変と思ったら

これがあっけらかんとして気にも留めない。

普通なら仕事と私生活のギャップを

観られると恥ずかしいと思うものだが、

蛍は仕事は仕事、私生活は私生活と

完全に割り切っているから気にならない。

私も家では本当にラフな格好をしているから

服を投げっぱなしにするのは

当たり前にしていたりするし、

掃除も頻繁にやらないから

たまに掃除するとほこりが凄かったりする。

でも気にならない。

それが当たり前と思ってしまっているからね。

そんな部屋に人を寄せるなんて

まあ普通ならできないけれどね。

合コンにも参加しないというのも

仕事以外の人間関係を嫌う傾向があるからだろう。

これも私自身良く解る。

だって面倒だから!

休みの時は自分の時間を自由に使いたいからね。

デートに使う時間があるなら

本当は自由な時間を使いたいと思うぐらいだからね。

そんな彼女がある日突然キスをされて恋に落ちてしまった。

まあ私は男性だから男性からの気持ちで語ると、

ある日突然美人が目の前に来て

語りかけられると

好きになってしまいそうという感覚なので、

突然キスされたらそれはそれは一大事な訳だ。

恋に落ちた蛍はキスしたマコトが気に出してしまうが、

逆に嫉妬深くもなっていく。

これは好きになった人は自分のもので

ありたいという思いが強いから

自然の摂理であるからこれは当然の心理だ。

それでも今の干物生活を捨てれない蛍は、

そんな自分をどう変わっていくのだろうか?

これは次回からという事だけれど、

実に共感できるキャラクターである

蛍の今後の恋の行方も気になるところだけれど、

それ以上に干物生活も見所だ!

仕事も私生活もバリバリの女性より

私はこういうギャップある女性の方が

身近に感じるので今後の展開を注目して視聴していきたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (1)