10日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、

1対2で巨人がJFKを攻略できず

4連敗に連敗を伸ばした。

試合は巨人先発内海投手、

阪神先発福原投手の投げ合いで始まり、

両チームとも5回まで0行進を

続けて反撃の機会がなかったが、

6回に阪神が7番矢野捕手のホームランで先制すると、

7回にも4番金本選手のホームランで追加点を上げる。

巨人は反撃に出るが、

阪神自慢の総防御率1点以下の

JFKが登場し反撃を封じられる。

8回に2番谷選手のタイムリーで1点を返すが、

3番小笠原選手は内野ゴロに倒れて

同点のチャンスを逸した巨人は

そのまま守護神藤川投手に抑えられた。

巨人は4番入れ替えも効果なく4連敗を屈した。
わざわざ調子の良い阿部捕手に代えて

まだ復調し切れていない李を入れ替えるのは

どういうことか?

別に打線が低調だった訳ではないし、

3割打っている阿部捕手を

李と入れ替えたのは捕手だからという理由以外には

見つからない。

この試合では6回までに福原投手を

攻略できなかったのが全てという試合だ。

内海投手は2本のホームランを打たれながらも

2失点で抑えたので投手としては

QSを果しており責める投球ではない。

完封しか愛せない巨人ファンには

これが失格扱いになるのだろうが、

崩壊寸前と言われた投手陣としてはよく抑えたといえる。

流れの悪い時には打線が打つと投手陣が打たれ、

投手陣が抑えると打線が打てない。

今日のようにラッキーボーイに不在で、

若手すらいない打線では流れを代えるだけの

ムードを作るのは困難に等しい。

結果だけを求めた打線なので

結果を出せなかった打線の責任と言えばそれまでだが、

これは全て監督責任という事で

監督は確り結果を出さないと

避難されても弁解の余地は一切ない。

あと一歩なんていう言い訳や、

小笠原が悪いなんていう責任の擦り付けは

指揮官の器でないという事だ。

ベストメンバーの戦いしかできない原監督の打開策は?

9連戦の戦いで中日に逆転されるようでは

更迭を考える必要があるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。