6日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、

5対4で東京ヤクルトが巨人のお株を奪う一発攻勢で沈めた。

試合は東京ヤクルト先発グライシンカ、

巨人先発金刃投手の投げ合いで始まり

初回に東京ヤクルトが4番ガニエルの

タイムリー2ベースで先制するが、

巨人も3回に4番阿部捕手の2ランで逆転し、

3回に追加点を奪うのに成功する。

しかし東京ヤクルトは4回に同点に追いつくと、

5回に5番宮本選手のホームランで逆転し、

6回にも7番福川捕手のホームランで追加点を上げた。

巨人も最終回に3番手木田投手を攻めたが

あと一歩及ばなかった。

巨人は3連戦の初戦を落とした。
一発の出にくい選手に立て続けに打たれたのは

試合展開として非常に痛かった。

上位打線を上手く抑えただけに下位打線で

失点してそれが決勝点に結び付いていく展開は

投手としては頂けない。

打線が終盤援護できなかったのもあるが、

やはり投手陣がある程度抑えないと

援護を望めない時もある。

打たれて納得する相手とそうでない相手では

試合の流れを取り戻せなかった

1つの要因として挙げられるだろう。

金刃投手もこれから未知の経験になるだけに

苦しいのはわかるが、

ここを乗り越えないと1年間ローテーションを

守れる投手になれないだけに

この試練確り乗り越えてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。