1日広島市民球場で広島対巨人の試合が行われ、

6対9で巨人が9回に一挙5点を上げて大逆転勝利を飾った。

試合は広島先発青木高投手、

巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のホームランで先制すると

2回にも6番李の2ランで3回までに3点をリードする。

しかし3回に尚成投手が捕まり4番新井選手の

満塁ホームランで同点に追いつかれ、

4回に8番石原捕手のタイムリーで逆転を許す。

その後巨人は8回まで反撃できず、

8回に追加点を許す苦しい展開・・・

しかし9回に失策をキッカケに一挙5点を上げて

大逆転し最後は抑えの上原投手で逃げ切った。

これで巨人は後半戦カード勝ち越しスタートとなった。
昨日はGGの滅多打ちショーで敗れた巨人だったが

今日はその倍返しの9回大逆転劇ショーで大逆転と

打ち合いになればまずこの打線と対等に戦うのは困難な訳で、

投手陣の乱調を打線で確りカバーした。

これができるのは終盤の林、豊田、上原投手が

確りしているからであり、

この体勢がある限りリーグ戦では

まず多くの試合を拾う事ができるだろう。

ただ今の投手陣は経験という上では尚成投手の10勝、

内海投手の12勝、木佐貫投手の10勝と

過去の1度と実績に乏しい訳で、

上原投手を後ろに回した事で先発には

経験不足がこれから心配される。

それを打線が確りカバーできるかが

これからの課題ともいえる。

GGのような訳解らない投手に頼っているようでは

正直今後の展開が心配だし、

GG使うぐらいなら久保投手を使った方が

はるかによいと思うのは私だけだろうか・・・

いずれにしても先発陣の未知数が

これから巨人の課題になるだけに

打線が確りカバーしてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。