31日東京ドームで

巨人対福岡ソフトバンクの試合が行われ、

7対3で巨人が代打矢野選手の

逆転満塁ホームランで逆転勝利を飾った。

試合は巨人先発内海投手、

福岡先発新垣投手の投げ合いで始まり、

3回に福岡が3番多村選手の2ランで先制すると、

4回には7番田上捕手のホームランで内海投手をKOした。

巨人は6回まで新垣投手に苦戦したが、

7回にチャンスを広げると

1死満塁で8番に代打矢野選手を起用し、

逆転満塁ホームランで試合を引っくり返した。

8回にも6番阿部捕手のホームランで駄目押しし、

最後は抑えの上原投手で逃げ切った。

これで巨人は福岡に連勝し交流戦勝ちが先行した。
絵に描いたような満塁ホームランという事で、

とにかくこの試合は矢野選手の

満塁ホームランに尽きる試合だった。

代打でホームランを打つ事そのものが難しいんだけれど、

少ない出番でも確り結果を残した事は大きい。

本来なら外野のレギュラーとして頑張ってほしいところだが、

大型補強のためベンチを暖める事が最近多い。

それでも腐らずに頑張っていれば

必ずレギュラーを奪還できるチャンスが

巡ってくるので結果を出し続けてほしい。

週間4試合という事で先発をやっている

福田投手や姜をリリーフで使うケースが増えているけれど、

あまりこういう使い方は避けるべきだと思う。

先発なのか?リリーフなのか?

役割が曖昧になりかねないので、

先発なら先発で、

リリーフならリリーフで使うように徹底してほしい。

勝っているからこそ確りした形を作るべきなので、

欲を出さず自分の形で戦えば

おのずといい結果に結び付くだろう。

楽天戦では確り貯金を確保したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。