28日東京ドームで巨人対オリックスの試合が行われ、

8対2で巨人が小笠原選手の3ホームランで快勝した。

試合は巨人先発木佐貫投手、

オリックス先発カーターの投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のホームランで先制するが、

3回にオリックスが8番日高捕手のホームランで

同点に追いつく。

しかしその裏巨人は3番小笠原選手の

3ランで勝ち越しに成功すると、

4回に2番谷選手のタイムリー5回には

7番ホリンズのタイムリーで突き放し、

7回に3番小笠原選手のこの日3本目のホームランで

試合を決めた。

投げても先発木佐貫投手が7回途中2失点で

今季4勝目を挙げた。

主砲の活躍で連敗は回避した。
今日の試合は小笠原選手様々の試合内容だった。

まあ活躍して当たり前の選手ではあるけれど、

1試合に3ホームランは簡単な事じゃない。

元々中距離から長距離の打者なので

年間.330、30ホームランは固い選手ではあるけれど、

改めてその凄さを知った試合だった。

木佐貫投手は100球まで投げる試合が続いているけれど、

4勝目を上げた事はいかに打線の援護が

あるかという事になる。

前日エースが打たれて負けただけに

ズルズルいく可能性もあっただけが、

それを小笠原選手がバットで確りストップした。

連勝の難しい交流戦だけれど、

まず星を五分に戻したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。