1日ナゴヤドームで中日対巨人の試合が行われ、

5対9で巨人が7回に矢野選手のホームランなどで

逆転勝利した。

試合は中日先発山本昌投手、巨人先発福田投手で始まり、

2回に巨人が2番谷選手のタイムリーで先制するが、

その裏中日は3番福留選手、4番ウッズのタイムリーで

逆転に成功する。

5回にも3番福留選手、5番森野選手のタイムリーで

追加点を上げて先発福田投手をKOした。

しかし巨人も6回に1点差とすると、

7回に代打矢野選手の逆転2ランで逆転に成功すると

一挙4点を取ると、8回、9回にも追加点を挙げた。

投げてはセットアッパー林投手、

最後は上原投手が締めて中日戦初戦を制した。
結果論云々ではないが、

まず何故先発に昨年リリーフで

投げた福田投手が先発だったのか?

これは正直疑問でならない。

昨年150kmの速球を武器にルーキーとして

開幕1軍を手にして3勝を上げたが、

後半戦は制球難を理由に2軍暮らしだった。

その福田投手がまさか先発で起用されるとは

正直誰も思わなかったのではないかと思う。

私自身折角リリーフで伸ばせる投手とみていただけに、

この使い方は福田投手に一体何を求めたいのか?

疑問視してならない。

巨人には悪しき伝統があり、

いい投手は必ず先発でそれに落選した投手が

リリーフをやる時代遅れの起用を何年も続けている。

これもその一環と観て良いだろう。

福田投手は速球とスライダーを武器とする投手なので

やはりリリーフとして育てた方が良いと思うし、

リリーフがただですら欠いている中で

また訳の解らない起用をする

首脳陣の適正鑑定のなさを示した感じだ。

最も現在敗戦処理を先発候補だった野口、門倉投手が

やっているのだから全く首脳陣の投手陣構想が見えない。

先発>リリーフの図式は完全に捨てない限り

またもお家芸である投手陣たらい回しが

5月も続く事だけは確かだ。

とにかくこれだけの投手陣を抱えながら

この落ち着かない起用法・・・

流れが悪くなったら一気にガタガタになりかねないだろう。

先発投手が他にいながらこういう起用をするのを観ると

起用に信念を感じないだけに、

勝っているからとはいえ

原監督の技量を疑問視しなければならないだろう。

上原投手を長くないであろう抑えに起用したり、

そんなに慌てふためく事態なのか?

首位にいながら首位らしい戦いをしていない

チームに不安だけ残る勝利となった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。