29日神宮球場で東京ヤクルト対巨人の試合が行われ

6対2で東京ヤクルトが4番ラミレスの逆転2ランで

巨人を沈めた。

試合は東京ヤクルト先発松井投手、

巨人先発久保投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が失策からチャンスを掴み、

7番脇谷選手のタイムリーで先制すると、

8番ホリンズのタイムリー2ベースで2点を先制する。

対して東京ヤクルトも1番ガイエルのホームランで

1点差に迫るが久保投手を攻略しきれない。

しかし6回2死1塁から4番ラミレスに

逆転2ランを浴びると、

7回には2番手真田投手から代打宮出選手のタイムリー、

2番宮本選手のタイムリー3ベースで3点を追加した

東京ヤクルトが4番手木田投手、5番手館山投手の

リレーで逃げ切られた。

巨人はこのカード負け越しが決まり、

出塁という部分でまたも課題を露呈した。
昨日もそうだけれど、この打線はいかに

1,2番が出塁してクリーンナップと

下位打線で返すのかが最大のポイントだ。

なのに攻撃的1,2番の為出塁率が決して良くない

由伸選手はやはり打てなければ

ただの宝の持ち腐れになってしまう。

2番谷選手では大きな作戦は望めない。

とにかく1,2番は子細工が利かない。

それでも出塁率の高い1番ならまだしも

3割は打つが年間10盗塁できない

由伸選手の1番は巨人が持っている

機動力を活かすことをできず逆に殺してしまっている。

同じ1番なら絶対谷選手の方が経験もあり、

走塁も上手いので1番は適任だ。

何時までも1番に由伸選手を起用している以上

必ずヒット以外で出塁できない試合は

得点力が大きく下がる事は否めないだろう。

先発の久保投手も調子はけして悪くなかったが

先発の時にエアポケットに

ハマってしまうケースが時々ある。

今日はその1パターンになるのだが、

正直久保投手には気の毒な1発だったと思う。

調子そのものは悪くないので

この敗戦で落ち込む事はないだろう。

この試合最大の収穫は育成枠だった

山口投手が支配下選手登録即1軍登録で登板した事だ。

育成枠から昇格して即登板とは巨人は

そんなに投手に瀕していたかな?と感じてしまうが、

結果を出して上がれた事はこれからの投手陣に

カンフル剤となる可能性があるので

結果を出し続ける以上確実に使い続けてほしい。

ただまだ信頼できるほとじゃないので

会田投手にようにいきなり大事な場面で

使わず敗戦処理から実績を残していく方が良いだろう。

久しぶりにカード負け越しとなったが

原因はハッキリしているので

その部分の修正さえすればすぐに連勝できるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

ジャイアンツ栄光の70年―感動の記憶が今、蘇る。