19日京セラドームで巨人対広島戦が行われ、

8対1巨人が4,5回の猛攻で圧勝した。

試合は巨人先発木佐貫投手、

広島先発長谷川投手の投げ合いで始まり、

試合は2回に6番阿部捕手のホームランで先制するが、

3回に広島が8番倉捕手のタイムリーで同点に追いつく、

しかし巨人は4回に3番小笠原選手の

タイムリーで勝ち越すと、

4回に4点、5回に3点を取り、

投げては木佐貫投手が6回1失点に抑え、

7回から会田、真田、野口投手のリレーで勝利した。

巨人はこれで4カード連続勝ち越しを決めた。
巨人らしくない繋いでの得点にはまあ派手さはないが、

この攻撃の方が相手にとってダメージが大きい。

常に走者を残す事は守っている側も

常に神経を使わなければならず

これが長い時間守ると反撃の意欲がなくなってくる。

ホームランは確かに一発のダメージがあるものの

振り出しに戻せる分ある程度割り切り易い。

このように打線が繋がった勝ち方ができれば

打線が好調の要因といえるだろう。

ただこれだけリードしながら木佐貫投手を

6回79球で交代させるのは

少し早過ぎたのではないか?

それに勝ちパターンと思われた会田投手を

登板させている現状を観ると

調整登板という名目だろうが、

使い方がやはり曖昧さを否めない。

こういう試合だからこそまだ登板機会の少ない

深町投手を起用するなり、

西村投手で良かったのではないか?

勝ちはしたが大量リードした試合において

野口投手の使い方も敗戦処理で使うぐらいなら

他に適任な投手がいるのでは?

とも感じるし、むしろこういう試合では

勝ちパターンでは休養とし、

それ以外の若手投手だけでも十分だったと思う。

確かに今日は大勝だったけれど、

木佐貫投手の余力を持ちながらの6回降板、

会田投手の使い方の不透明さ、

野口投手を結局敗戦処理扱いというのが目に留まった。

次の阪神戦では内海、尚成投手で手堅く2勝は取りたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。