17日スカイマークスタジアムで巨人対広島戦が行われ、

広島が黒田投手の好投で巨人打線を沈黙させ勝利した。

試合は巨人先発姜、広島先発黒田投手の投げ合いで始まり、

試合が動いたのは4回広島が5番前田選手の

犠牲フライで先制すると、

6番栗原選手のタイムリーで追加点を挙げる。

7回には1番中東選手の内野ゴロで1点を追加した。

巨人は1回と3回以外全く走者を出す事すらできず、

9回にようやくチャンスを掴むが相手の

凡フライの落球による1点がやっとだった。

巨人は接戦の時の戦いに課題を残す試合になった。
結果的に黒田投手のような投手に当たった時には

ワンチャンスあるかないかと思って戦わないといけない。

しかも1番は早打ちの由伸選手では

粘って球数を投げさせる事は殆ど難しいに等しい。

現実に8回までに100球オーバーぐらいだったので、

ストライク先行の投球に対して

見事なまでに術中にハマってしまった。

投手陣は姜が7回3失点なので責めるわけに行かないし、

先発投手として試合は確り作った。

この打線の長所を1度打ち出すと手が付けられないが、

短所は早打ちのためアッサリしてしまう点がある。

しかもこの打線では下位打線に行くほど

楽になる訳で上位が打てなければ

殆ど勝機は見出し難い。

実際問題7番に2番タイプの脇谷選手を起用しては

彼の長所である足も使えないし、

彼が出塁しても投手で断ち切られてしまう。

由伸選手もクリーンナップの時は効球必打で仕留めたが、

1番の場合は粘りが信条なのでやはり1番には不向きだ。

しかも打数が多過ぎる為に彼の長所が

逆に弱点となって打率が上がらないし

ヒット数の割りに低く観られてしまう。

このまま1番を打ち続ければ長所を

上手く攻められて打ち取られてしまうだろう。

打線のアンバランスさばかり目立った試合だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。