12日広島市民球場で広島対巨人の試合が行われ、

1対3で巨人が少ないチャンスを活かして逃げ切った。

試合は広島先発青木高投手、

巨人先発木佐貫投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が4番李の2ベースから

5番二岡選手のタイムリーで先制し、

1死2塁から7番木村選手のタイムリーで追加点を挙げる。

広島も7回に2番東出選手の代打緒方選手のタイムリーで

1点差に迫るが、ここで巨人は木佐貫投手に

代えて前田投手を起用し、3番前田選手を打ち取る。

9回に巨人は3番小笠原選手の

ホームランで追加点を挙げて、

最後はセットアッパーの林投手が抑え

広島戦勝ち越しを決めた。
この2試合らしくない試合とはいえ確り拾えた事は大きい。

木佐貫投手も手術後先発では初勝利を記録し、

ようやく復活への足掛りにはなったけれど、

投球的には先発かな・・・とは思う。

それ以上に抑えには豊田投手でなく

林投手をそのまま続投といまいちハッキリしない点が

気に掛かるところだ。

日替わりメニューで毎年お馴染みの

中継ぎ陣のゴタゴタ騒動と

とにかく抑えで落ち着かないシーズンは

満足に優勝すらできていないだけに、

調子の良い方をその日の抑えというのだけは

やはりやめた方がいいだろう。

抑えが故障してというならその時は構わないが、

今から日替わりメニューでは正直同じ事の

繰り返しになる可能性が高いだけに、

余程の事がない限り抑えは1人に決めるべきだ。

そして打線も由伸選手の1番という事で

四球が少ない為どうしても打率を

効キープしなければノーヒットという試合が

目立ってしまう。

この点については早い段階の決断を

下さなければズルズルという事になり兼ねない。

明日は本拠地に戻って不調の東京ヤクルト戦だけに

手堅く貯金を増やしたいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。