10日広島市民球場で広島対巨人の試合が行われ、

5対4で広島が序盤のリードを守り、

ブラウン監督執念の退場劇で勝利をもぎ取った。

試合は広島先発長谷川投手、巨人姜の先発で始まり、

3回広島が3番前田選手のタイムリーで先制すると、

4番新井選手の3ランで4点を先行する。

4回にも6番栗原選手のホームランで5点差とするが、

5回巨人は1番由伸選手の内野ゴロで1点を返すと、

2番谷選手、4番李のタイムリーで2点差まで迫る。

7回には1番由伸選手のホームランで1点差として

8回に2死2塁のチャンスに代打古城選手の

2−1からの投球がボールと判定され

ブラウン監督が執念の抗議でベースを砂で隠す

パフォーマンスで退場処分になるが、

これが広島ナインに乗り移り

古城選手のセンター前ヒットを

センター森笠選手が2塁走者木村選手を

刺して同点を阻止した。

最後は抑えの永川投手が強力1,2,3番を

打ち取り逃げ切った。

巨人はこれで5割に戻り、接戦での課題を残した。
いくら強力打線があるからといっても

終盤の1,2点差を引っくり返す事は容易じゃない。

先発姜が打たれた事はある程度仕方ない面もあるし、

まだ若い投手なのでこの点を

考慮しても調子が良くなかった事は否めない。

そうなれば打線がいかに援護するかなのだが、

結果的に強力1〜6番まで有しても

大きな得点に結び付かないケースに正直少なくない。

確かに1〜6番までは強力ではある。

しかし打力はあっても攻撃のバリュエーションと

いう点ではこの打順だとどうしても低くなってしまう。

特に1番由伸選手については

1番の出塁率を考慮すれば最低.330以上

打たなければ出塁率.360以上にならない。

走塁という点でも1番を任せるだけの

走塁技術がないので

やはり5,6番で起用した方が持ち味を発揮するだろう。

打っていく1番は由伸選手にイチロー位の

足があれば1番も考えるが、

そうでないなら明らかに

1番由伸選手は失敗と判断する。

1番はやはり谷選手が1番適任者だ。

谷選手を1番に起用すれば2番には

攻撃的には二岡選手を、

犠打と走力を重視すれば脇谷選手を

起用できるだけに走力ある打者が

3番の前に出た方が明らかに

相手チームは嫌らしく感じる。

中日の1,2番、阪神の1,2番が出塁した時には

想像以上の神経を使うため

下位打線で捕まってしまう事も多い。

しかし足がない今の打順では打者だけに

集中すれば良いので打力の落ちる

下位打線で行き抜きもできる。

確かに脅威だが神経を使う足という脅威が

この打線にはない。

走塁の魔術師伊原ヘッドが3塁にいる以上は

彼をより活かせる1,2番を構築すべきだろう。

そうすればおのずと下位打線も強化できる。

ブラウン監督の失敗打順を早期に再構築すべきだ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。