5日東京ドームで巨人対中日の試合が行われ、

3対5で中日が4番ウッズの3ホームラン5打点の

大活躍で巨人を粉砕した。

試合は巨人先発木佐貫投手、

中日先発憲伸投手の投げ合いで始まり、

1回に巨人は4番李のタイムリーで先制するが、

2回に4番ウッズのホームランであっさり追いつく。

5回に巨人は2アウトから2番谷選手、

3番小笠原選手のタイムリーで勝ち越すが、

6回に1死1塁から4番ウッズの2ランで

またも振り出しに戻した。

巨人は7回にビックチャンスがあったものの、

5番に起用した二岡選手を交代した事が響き

無得点に終わると、

8回に2死1塁から2番手前田投手が

4番ウッズにこの試合3本目となる

2ランを浴びて勝ち越しを許すと、

8回に岡本投手、9回には抑えの岩瀬投手が

巨人打線を抑えこのカード勝ち越しを決めた。

巨人はショートの控えが1人しかいない事態を自ら作り、

さらに中継ぎ投手を減らすなど

意図の解らない編成で自らの首を絞める結果を招いた。
4番1人にやられた時点で野球として

1番悔しい展開でもあるが、

またも終盤に選手交代した事が響いた。

同じ交代でも1番打順の響くところで

途中交代するのだから

それは終盤同点の場合はチャンスが

回ってきても動ける訳がない。

ましてメンバー的に動くメンバーじゃないだけに、

下手に動いて負けを招いている展開に、

監督の試合プランが下手という事を実証してしまった。

まず編成についてだけれど、

ショートとセカンドの控えは明らかに

レギュラーと控えでは

タイプがはっきりしている。

ショート二岡選手の控えは小坂、岩館、脇谷選手など

2番タイプの選手で構成されている。

このバックアップ要員で二岡選手を

5番や7番に起用して途中交代してしまったら

まず打線は貧弱になる事は否めない。

そしてセカンドゴンザレスの控えも

木村、小坂、脇谷選手とこちらも

2番タイプの選手で構成されている。

木村選手が下位打線でも何とかという感じがする以外は

この打順を代えてしまうと打線は貧弱になってしまう。

強打者を1番に起用し、

1番に適応できる谷選手を2番に

配置している状況が

自らの首を絞めたと言っても良いほど

この3連戦ではその打線構成の失敗を露呈した。

二岡選手を緊急昇格させたばっかりに

途中交代を余儀なくされ、

終盤のチャンスを尽く潰したのだから、

いかに二岡選手ありきでしか

考えていないかがわかる。

しかも途中交代を余儀なくされるにも関わらず、

ショートをできる岩館選手を抹消しては

ショートが小坂選手しかまともに守れない失態を演じた。

この点からしても原監督が描いた1番由伸選手、

2番谷選手を起用した事で下位打線に

穴を空ける失態を演じる結果となった。

まず同じ代えるなら確りバックアップ要員の構成を

考えて打順を決める必要がある。

確りリードして守る以外は

本来簡単に代えているようでは

最初から起用せず後半から

起用した方がまだ良い。

チャンスを潰したのは選手じゃない!

原監督の展開を読めないのが原因だ!

そして投手陣もわずか6試合で

何を思って起用しているのか?

と思う事が数知れず・・・

同点なのに抑えの豊田投手を起用してみたり、

先発は完投させないのに中継ぎの吉武投手を

抹消したりと中継ぎは勝つ試合しか考えていない布陣だ。

抑えの豊田投手、セットアッパーの林投手、

中継ぎの前田投手まではハッキリしているとしても、

真田投手は結局中継ぎ投手で起用し続けるのか?

野口投手はどんな場面で起用したいのか?

まだ経験の浅い会田投手はそんなに

信用できるだけの経験をしたか?

などとにかく3人以外明確な使い方が良くわからない。

中日を観ればわかるが、

確り負けている時の起用と勝っている時の起用が

実に明確であり、1度リードすれば絶対同点に

させない投手が控えている。

役割の明確性があまりにもなさ過ぎる。

結局吉武投手を抹消してしまったばっかりに

右の中継ぎ投手が不在となり

投げる投手が不在となり

前田投手を続投させるしかなくなった。

これも自ら首を絞めた原監督の

構成できない責任が大きい。

この3連戦は確りした選手構成をすれば

3タテも可能だった3連戦だけに打線に、

投手陣に選手構成を勉強しなかった

監督責任となる明確な3連戦となった。

これで阪神戦で挽回できないようなら

この先のチーム構成は相当バラバラになる

可能性を秘めているだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

コーチング―言葉と信念の魔術


原辰徳流「活私」管理術―それは長嶋野球の否定から始まった