いよいよ今日からセントラルリーグが開幕する。

戦力分析する時間が都合により

3チームできなかったものの、

それは順位予想で一纏めする事にします。
井川投手、岩村、多村選手がMLB、

パシフィックへ移籍し、

小笠原、谷、中村紀選手がセントラルへ移籍してきた

今季は移動の激しかったオフだった。

それを踏まえながら今季の順位予想をしたいと思います。

1位中日ドラゴンズ

やはり優勝本命といえるの中日になるでしょう。

格安で獲得した中村紀選手の加入で

打線は1枚厚みを増し、

投手陣も昨年からほぼ変わる事無く磐石である事を

踏まえるとシーズン1位は堅いでしょう。

2位読売ジャイアンツ

今季小笠原、谷、ゴンザレス、

門倉の補強で昨年以上の選手層になった巨人、

しかし現状その巨大戦力が足かせである事は

間違いなくどうやって打線を組み、

投手陣を構成するかが最大の課題、

由伸選手を1番にする新打線が果たして機能するのか?

そして上原、二岡、パウエルの故障があるものの、

この戦力ではまず言い訳は許されない。

3位阪神タイガース

井川投手の穴はやはり大きいのでは?

その分リーグ最強のJFK中心に

中継ぎがカギを握ってくる。

そして打線は高齢化が進んでいるだけに、

世代交代も視野に入れる必要がある事を

踏まえても今季は少し厳しいかもしれません。

4位東京ヤクルトスワローズ

岩村、ラロッカの穴は大きく打線の戦力ダウンは必至です。

その分投手陣でどうやって乗り切るのか?

ここに3位以上進出が掛かってくるでしょう。

5位横浜ベイスターズ

仁志、工藤、寺原投手が加入し、

打線こそ多村選手を放出したものの、

打線はこれから楽しみな部分の多い横浜、

投手陣の整備次第では3位に入るのも可能に

なるだけにダークホース的な

存在になる可能性があるでしょう。

6位広島東洋カープ

戦力的には大きな補強がなく、

昨年とほぼ同じ戦力構成である事は否めません。

ベテランと若手の世代交代が

上手くいけば面白いと思いますが、

現状の戦力では3位は苦しいのでは?と感じます。

以上簡単に順位予想しましたが、

1位の中日はやはり落合監督の手腕を

最大に評価した事が1位予想にしました。

戦力だけなら巨人ですがやはり

ここは原監督の手腕が?なので

ここではその監督の手腕で2位に落としました。

阪神は井川投手の穴が大きく、

東京ヤクルトも岩村、ラロッカの穴が大きい分

4チームの団子状態になるのでは?とも思います。

いずれにしてもプレーオフ進出の順位ですので、

今年はどこが進出してもおかしくないのが

セントラルなので今日の開幕で

今年の1年が始まるので楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。