フレッツスクウェアで

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

スペシャルエディション完結編 〜自由の代償〜を視聴した。

このアニメは2004年10月から2005年9月まで

放送された機動戦士ガンダムSEED DESTINYの

43話から50話まで編集した作品である。

完結編ではオーブ攻防戦から

メサイヤ&レクイエム攻防戦を描かれていた。
ストーリー

再び戦火に見舞われたオーブであったが、

キラ達の参戦により辛くもザフトを退けた。

が、その混乱でロゴスの首魁ジブリールの

逃亡を許してしまう。

月へと逃げ延びたジブリールは切り札

レクイエムでプラントに直接攻撃をしかけた。

迫る第2射に対しザフト全軍とミネルバは

決死の突撃を敢行し事実上地球軍を崩壊させる。

そしてこれにより敵対勢力を一掃した

デュランダルは満を持して

デスティニープランを全人類に発令した。

遺伝子のみを判断基準とする究極の理想的管理社会。

しかし、それは人々の自由と未来への希望を

閉ざす社会ではないのか?

キラとラクス、そしてアスランら志を同じくする者達は

最終決戦の地、宇宙(そら)へと向かう。

そこには、救世主を謳う機動要塞メサイアと

最強の戦士シンとレイが待ち受ける。

螺旋に刻まれた人類の行く末と希望という名の未来を

かけた戦いの結末は…。


アスランの復活から始まった完結編では

やはりこの結論が良かったのか?

どうかに掛かってくるだろう。

あれから既に1年以上経ているんだけれど、

確かにデュランダルの唱えた規制の世界は

全く間違いとは言えない。

しかしその反面そこには成長のない

そのままの世界がそこに残る。

その世界では自分の役割以外は

許されない言わば適正では良くても、

望み通りになる世界じゃないという事だ。

それぞれが望む事が違えば当然適していなかったとしても

やりたいと思うだろう。

しかしデュランダルの世界では

それが一切できない世界だ。

その世界ではそれに背けば反逆者として扱われる。

ある意味窮屈な世界ができあがる。

今の世界で言えば独裁政治の世界であり、

社会主義の世界である。

結論からいえば独裁世界である。

その中では完全に服従する世界なので

当然それに規制されれば下手な争いは起こらないだろう。

しかし成長はしない。

それを望んだのはデュランダルであり、レイだった。

そしてそれを信じ込んでしまったシン・・・

シンもそういう世界だと理解し切れれば

このような結末や結果を招かなかったかもしれない。

しかし彼にはそれを経験するだけの出来事に

巡り会わなかったのがある意味こういう

DESTINYに進んでしまった。

キラとアスランは前大戦でその経験をしたからこそ

そういう世界は危険だと解った訳で、

最終的には再び元の関係に戻れた。

自由無き世界ほど苦しい世界はないものだという事を・・・

最後の決戦ではキラはレイにその事を

解いた事でレイは本当に行くべき世界は

こうじゃないと悟る。

その結果最後の対峙でデュランダルを撃つ結論に至らせた。

レイも本当に未来を求めた。

しかし命の短いレイにはそれができなかった。

ゆえにそのような悲劇にならない世界を求めた結果

デュランダルの唱えた世界が正しいと進んだ。

デュランダルも最後にはレイのその言葉を聞いて悟った。

最後のシーンでレイがタリアにつぶやいた

一言がレイに足りなかったものの1つでもあった。

そして3人は逝った。

シンもルナマリアの捨て身の行動とステラの魂の叫びで

本当に進むべき世界を悟ることとともに、

オーブを撃とうとした事に対する過ちに気付き涙する。

シンにとってはこれから

贖罪の道になるのだろうけれど・・・

そしてザフトとオーブは停戦となり、

オーブのカガリ、ザフトのラクスと2つに

分かれてそれぞれの体制をこれから整えていく事になる。

あのシーンを観る限りキラ隊を編成した感じもするけれど、

軍服がザフトの司令官という事でキラはザフト所属になり、

アスランはオーブ所属になった感じだ。

後の面々は全て纏めてザフト、

オーブの特別部隊という感じもある。

イザークはラクスの右腕になり、ある意味大きく出世した。

これでDESTINYは完結した訳だけれど、

劇場版が何時公開されるのかまだわからないが、

この状況で次の世界はどの相手と戦う事になるのか?

ある意味注目するところだ。

アストレイの世界で残った戦力もあるし、

連合の残党が黙っているとも思えない。

劇場版も壮絶な戦いになる事だけは間違いないだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償