5日横浜ベイスターズの多村仁外野手と

福岡ソフトバンクホークスの寺原隼人投手の

トレードが発表された。

多村選手はWBC代表選手で世界一に貢献したが、

今季は故障でシーズンの半分以上を棒に振ったものの、

前シーズンまでは2年連続30本塁打以上を

マークした主砲である。

寺原投手はドラフト1位で入団したものの

思うように力を発揮できずにいるが、

層の薄い横浜では先発ローテーションとして期待される。

それぞれの思惑が一致したトレードとなった。
噂では横浜の多村選手がトレードされるのでは?

と言われていただけにその通りになったものの、

今回のトレードは両チームにとって

有意義なトレードになったと思う。

横浜ベイスターズは打線は既に村田選手が4番に定着し、

吉村選手ら若手が台頭し、

ベテランの仁志選手獲得などで打線よりも

今季先発陣の崩壊により崩れた

投手陣の建て直しが急務だった。

多村選手は今季故障があったものの、

主砲の放出に踏み切ったのは野手は現状でも大丈夫だが、

投手はどうしてもほしかった故のトレードの決断だった。

対する福岡も今季は城島捕手、

バティスタが抜けた事で打線が低迷し、

その結果シーズン3位でプレーオフでも貧打に泣いていた。

ゆえに現在外野に空がある事で

外野の強打者獲得が急務だった。

寺原投手は現在斉藤、和田、杉内、新垣投手らのいる

先発陣に入り込むのが難しい状態だっただけに、

投手を放出してでも野手の獲得を目指した。

それぞれチームの思惑が一致した

有意義なトレードとなっただけに、

来季多村、寺原選手は新天地で

心機一転頑張ってほしいと思います。

こういう必要な部分と過剰戦力の部分を上手く使った

トレードなら回りも疑問視しないのではないかと思います。

今季最大の大型トレード成立に

今後もありえるかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。