16日ナゴヤドームで中日対阪神戦が行われ、

先発山本昌投手が史上73人目(84度目)

の無安打無得点試合を達成し、

41歳1か月は1995年に40歳11か月で

記録した佐藤義則投手(オリックス、現日本ハム投手コーチ)

を上回る史上最年長記録の快挙となった。

これで中日はマジックを15としてリーグ優勝へ大きく前進した。
おじさんパワー健在を証明する出来事といえる

今回の山本昌投手のノーヒットノーランは本当に凄い事だ。

失策がなければ完全試合だっただけに、

無四球でのノーヒットノーランも

史上2人目という事でこれは2リーグ制では

史上初の快挙となった。

投球内容をみても、97球を投げて、

奪三振はわずか5しかなく、

殆どは内野ゴロか外野フライに打ち取る

山本昌投手得意の投球術が見事にハマった。

打てそうで打てないのが山本昌投手の投球なので、

決して剛速球がある訳でもない投手が

プロ生活23年やっていられるのは

緩急自在の投球術を身につけている事だ。

元々球速が速くないので、肩の故障さえなければ

あと5年は投げ続けられるだけの投手と言える。

40歳を過ぎると多くの選手は現役から引退するが、

山本昌投手だけはその中でもトップクラスの

パフォーマンスを常に維持し続けられる投手は

工藤、吉井投手以外見当たらないだけに

その凄さを改めて知る事になった。

このペースで勝ち続けていけば引退までには

200勝を超える事も十分可能だろう。

若手の台頭の中で山本昌投手だけは例外であり、

投手陣のいい見本としてこれからも投げ続けてほしいですね!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。