14日東京ドームで巨人対オリックスの試合が行われ

2対4でオリックスが連勝し巨人は底なし沼の8連敗となった。

試合は初回に先発西村投手が4番北川選手に

2ランホームランを浴びて先制される。

巨人はその直後3番ニ岡選手のソロホームラン1点差にする。

4回に巨人は4番李のホームランで同点に追いつくが、

5回に8番日高捕手のタイムリー2ベースで勝ち越しを許す。

7回には7番グラボースキーのホームランで追加点、

その回には代打清原選手の登場で東京ドームが

1番の歓声につつまれた。

結果はショートゴロだったが、

球界を代表する打者に真っ先に挨拶したのが

ライトスタンドの巨人応援団だった。

結局巨人はその後2番手加藤投手の前に凡打の山を築かれ

8連敗となり底なし沼にはまり込んでしまった。
敗因は確りわかっているんだけれど、

これをどうする事もできない今の打線は重症と言わざる得ない。

1,2番は出塁できず、3,4番好調でも

ソロ2本では完全にソッポを向いてしまう。

この9試合3点以上取れない現状ではまず

投手陣が完封もしくは1点以内で抑えなければ試合にならない。

それができたのが連敗前の西武戦だった。

千葉ロッテでも1番だけは西岡選手で

固定している現状を踏まえると

1番と3番か4番だけは固定しないと戦えないのが良くわかる。

とはいえ今1番に適任な打者が正直ドングリの背比べでは・・・

これならベテランの清水、木村選手を使うより、

亀井、脇谷選手の1,2番で経験させた方がマシだし、

経験にもなる。

投手陣もこれだけ援護がないと

上原、パウエル、工藤投手以外では

とてもじゃないが若手投手に求めるのが

酷なぐらいやる前から追い込まれている状態だ。

今日は佐藤投手に代わって姜建銘投手が

1軍に上がって早速登板したけれど、

情報によると姜は2軍では先発をやっていたそうだ。

そういう投手を中継ぎに使っている現状は

巨人毎度恒例行事なのだが、

現在いる投手はまず先発からという感じで

中継ぎからやらせる投手があまりいない巨人である以上、

2軍でも確り中継ぎ専門投手を作っておかなければならない。

姜の投球だけれど、正直印象に残る投球はなかった。

ボールも平均的でコントロールもいまいちと

何が良い投手なのか良くわからなかった。

とりあえず通用するというものが今姜にはないというのが結論だ。

この投手をどうしても1軍で使うなら

敗戦処理以外使うポジションがない。

ストレートが速い訳でなく、

持ち球で使えるボールがある訳じゃない。

良い投手は何かこれというものを持っているが

そのどれにもあてはならない投手だ。

結果が良かったから1軍だったのだろうが、

私には何が良いのか現状では把握できなかった。

あと久し振りに清原選手の姿を観る事ができたけれど、

やっぱり何処へ行っても役者が違うのが清原選手!

ショートゴロに終わったけれど、

それでも絵になる選手も珍しい。

それに応えたライトスタンドはある意味

今のチームに対する不信感という感じにも感じた。

チームは底なし沼の8連敗となり

この2年でもなかったのだから・・・

とにかく全ての流れが悪い中でベテランの経験では

打破できない以上若手の起用で活路を見出してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

読売ジャイアンツ選手別応援歌2006


夢一途―清原和博 11年目の選択